So-net無料ブログ作成

パソコンの不調って不具合じゃないの [パソコン]





2014_0614-0001.jpg

 NotePCの無線LAN接続できない不調を治して欲しいと言われて知人宅に見に行ってきた。

早速、PCを起動してインターネットの接続ができていないことは確認できた。
OSのメッセージは「接続が切れています」っていうだけで、「接続するためにはこちらをご覧ください」とか「接続するにはこのボタンをクリックして」っていうのを期待すれど、一向にそうした親切(っていうか常識)はなくて、このOSはただ冷たく突きはなすだけだ。


 おいらだってWindowsはそれほど明るくはないので(そんな人は少ないのではないのかな)、手っ取り早く確実な方法<サポートセンターへの電話相談>ってことに相成った。

電話して症状を伝えると「お待ちください」って2回ほど待たされ、その後電話口の彼の言葉は丁寧だけど、答えは当方の期待とは真逆のことだった。

「お客様と同じ症状のものは複数報告されております。現在、原因解析などを実施しておりますが、また対策方法が見つかっておりません。よってお客様には2つの選択肢をご提案いたします

提案その1。不具合の発生した日時までPCの状態・設定などを戻します。この場合はデータが消失したりすることもあります。ですから他のストレージなどにバックアップをとることをお勧めします。また、この対策で確実に治る保証もございません。

提案その2。無線LANの使用を諦めて、有線で使用して、1週間ほどして再度コールセンターまで問い合わせる(この時にはたぶん不具合の解析が終わると思っているが約束できない)

こんな回答ってどうなの?おいら的にはあり得ない。

いまどき、無線LANに接続できないPCなんてあり得ないと思うんだけど(製品としてこの機能を搭載して、それを購入したユーザがその機能の恩恵を受けられない状態を強いられるのはあってはいけない。たとえそれが小難しいPCでも)

立腹しながらも、押しつけられた2択から(2)に決めた。

治して欲しいとおいらを頼りにして呼んでくれた知人のMさん治すことできなくてゴメン。

つぎのサポートセンターへのコンタクトのときには対策内容一発回答を期待したい。




Sponsored Links



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました