So-net無料ブログ作成

昨年の話 習志野の空挺館見学 [建物]

空挺館00.jpg


昨年の話 習志野の空挺館見学


 テレビドラマで今年はオリンピック一色となっているようだが、昨年は西郷隆盛の話だったと思うが、はや記憶も怪しくなってきた。
その隆盛が近衛兵団の大将として、それ以前から馬の産地としての習志野の地に騎兵団の訓練視察にこの地に来たということをちらっと聞いた。
それで調べているうちに、この空挺館という歴史的建物と一般公開していることを知っていってみたくなった。

それは陸上自衛隊習志野駐屯地の敷地内にあって、公開日以外には入れない。
おいら的には、ちょっと抵抗がないわけではないが、ドキドキしながら門をくぐった。
怖そうな服装だが、意外にも優しく対応していただいた。
門を抜けて道路脇にテーブルと椅子を置いた受付があって、そこで名札を渡され首から下げることと、空挺館以外の場所にはいかないようにと言われ、すでに見えている空挺館に行った。

建物前にあった説明板は、木板に墨で記されていて、消えかかっているので読みにくかったが、次のように読めた。

空挺館

(旧御馬見所)の由来

この建物は、明治天皇の「御馬見所」として 明治四十四年に東京目黒の騎兵学校内に建てられ明治天皇が修業式に行幸され学生の馬術を天覧された由緒ある建物です。

大正五年 騎兵学校がここ習志野に移転した際 同時に移築され迎賓館として使用されておりました。

昭和三十七年に「空挺館」と命名し 空挺精神の伝統継承の場として旧陸海軍及び自衛隊の空挺資料並びに騎兵資料等の展示館として現在に至っております

 

空挺館は白い外観を見せて周りとは不釣合いな建物だ。

あまり古い感じがしないのは何度か修復しているらしい。

内部は、空挺団の展示が多く、室内で待機していた元自衛艦の方から展示の説明を受けた。
かつての大戦で落下傘部隊が大いなる戦果をあげたのはおいらも聞いたことがある。
落下傘は技術の進化が目覚ましいようだ。特に軽量化。印象よりかなり思い落下傘を持ち上げるコーナーもあったが、大変なものだった。

2階には、この地が近衛騎馬隊の演習場だった頃の天覧の部屋が一段高く床上げされたところや、司馬遼太郎の歴史小説「坂の上の雲」の中心人物 秋山好古の肖像画を始め資料などが掲示されていた。日露戦争時に世界的に強いとされていたロシアの騎馬隊コサック兵と対等に好古の率いる騎馬隊の戦闘は圧巻だったのを思い出す。


習志野は昔から馬に縁のある地であった。




  


続きを読む


nice!(38)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

旧大沢家住宅 習志野市森林公園 [建物]

旧大沢家住宅-01.jpg

旧大沢家住宅 千葉県指定有形文化財

 

 前回の旧鴇田家住宅に続いて、同じ習志野市の旧大沢家住宅(千葉県指定有形文化財)にも行って見た。

入り組んだ細い道の奥に、その公園はあった。

旧鴇田家住宅に比べると建屋も小さく、敷地もちょっとした高台にこじんまりと建っていた。

内部は自然光だけでは非常に暗い。

閉館時間間際だったので、訪れてくる人もなく静かなところだ。

それでも桜の季節には高台の下に見る桜のコントラストがなんとも美しいとのことで、訪問する人も多いらしい。

この建物は東日本大地震にも傷一つなく耐えたという。

 

リーフレットによれば・・・

 <昭和50年(1975)12月12日 千葉県指定有形文化財指定

 

旧大沢家住宅はは、寛文4年(1664)に建築された東日本最古級の古民家です。江戸時代に上総国長柄郡宮成村(現在の千葉県長生郡長生村)の名主をつとめた大沢家の住宅として、昭和48年(1973)まで使用されていました。昭和51年、建築当初の姿に建築復原され、同年11月に開館しました。

この住宅は、江戸時代中期までの典型的な房総民家の形式を今に伝えています。その特徴として、開口部が少なく「デイ(出居)」の戸口が格子窓と壁だけで構成されていること、差鴨居(さしかもい)がすくないこと、大黒柱が使われておらず床の間もないことなどがあげられます。

「ドマ(土間)」では民具を展示し、午前中はカマドで火を焚いております。古民家ならではの落ち着いた雰囲気と趣をお楽しみください。>

 

公園内には小さめの池があり、実籾本郷公園と同じ明治天皇お手植えのハナショウブを移植したという案内板とショウブ園があり、池の端に森林鉄道(旧木曽王滝森林鉄道)のディーゼル機関車が展示してあった。

  

続きを読む


タグ:歴史 建物
nice!(23)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実籾本郷公園内 鴇田(ときた)家住宅 [建物]

旧鴇田家住宅-01.jpg

鴇田家住宅 千葉県指定有形文化財

 

 むかしは、農業を営む家族が多く、大きな茅葺き屋根の旧家もそれほど珍しくもなく見ることができた。

窓が少なく、暗い感じだが自然に寄り添った姿が好きだった。

いま、このような建物を見ることは少なくなり、ましてや家屋内を見るとなると特別な施設に出向かないといけない。

ネット内をぶらぶらしていたら、こんな建屋が公開されていることを知った。

 

それは、実籾本郷公園(千葉県習志野市)にあった。

近くの街道は何回も行き来したが、公園の存在は知らなかった。

 

公園に到着すると建物はすぐに見つかった。

ワクワクしてきた。

大きな家だ。

 

平日の昼ごろであったので、誰もいない中を見て回った。

手入れの行き届いた美しいもので、今すぐにも住めそうなところだ。

 

この建物はリーフレットによると

平成17年(2005)3月29日千葉県指定有形文化財指定

旧鴇田家住宅は、享保12年(1727)から翌13年にかけて東金(御成=おなり)街道沿いに建築され。江戸時代に実籾村の名主をつとめた鴇田家の住宅として、平成3年(1991)まで使用されていました。平成12年10月にはほぼ建築当初の姿で移築復原され、同年11月に開館しました。

L字型に曲がった母屋は、かつて東北地方に多く分布していた「曲屋」であり、東関東ではきわめて珍しい建築様式です。また、この住宅は、身分の高い人が来訪した時に使う「玄関」や、その供の者が待機した「供待ち部屋」、江戸時代の民家としては貴重な客便所など、名主の家にふさわしい特色を伝えています。

「土間」では民具を展示し、午前中はかまどで火を焚いております。

主庭「上宿庭(じょうじゅくてい)」では、水琴窟が奏でる安らぎの音色と、四季を彩るイロハモミジやロウバイ、サンシュユなどの植物をお楽しみいただけます。

 

公園内には大きな池があって、長いレンズとカメラを持った方がいたので、カワセミですかって聞いた。

そんなんだが、最近は出ていないということだった。

池の中から小さい止まり木が出ていていかにもカワセミが止まりそうだった。

また公園に隣接する田んぼには、ほたる野なるものもあって自然を近い存在として感じられるいいところだった。

色々な季節に再訪したいと思った。

 



 

続きを読む


タグ:歴史 建物
nice!(38)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感