So-net無料ブログ作成

台風15号の被害 [加曽利貝塚]

加曽利台風15-00.jpg


台風15号の被害

 台風15号は千葉市に上陸し、最大瞬間風速は観測史上初の57.5メートルを観測したそうです。千葉県をはじめ関東圏ではいまだに停電、断水が続いている地域があると聞いております。
被害にあれれた方々にはお見舞い申し上げます。

台風の発生地域はフィリピン沖で発生し北上しながら偏西風の影響を受けて日本にやってくるという長い間の常識は近年では通用しなくなったようです。
この度の台風のような発生場所やコースが海水温の上昇で常態化してくると大都市の機能は破壊されることは間違いなく、インフラも見直ししなければならなくなることでしょう。

おいらがお世話になっている加曽利貝塚土器づくり同好会にも被害が及んだ。
9月9日の台風通過の翌日に活動拠点周辺が台風の強風で大変なことになっているとの連絡を受けて、10日の朝に出かけた。
1番の被害は桜の大木が根こそぎ倒れて、水場の流し台などとそれを覆う簡易的な屋根が押しつぶされ、水道管が切断されて水が止まらなくなった。
この水は井戸水で、知る人の知る美味しい水ということで、時々汲みにくる方もいる。
飲料としてばかりか、土器作りには欠かせない水。

水漏れは関係者のご苦労でとりあえず断裂した水道管に木片を詰めて止まった。
ありがとうございました。

同好会は他にもプレハブの同好庵ほか全3棟の小屋があるが、吹き飛ばされることなく無事だったようだ。
倒木の片付け、折れて飛んできた枝、葉多数をとても9月とは思えない猛暑の中で10名ほどで片ずけて現状復帰となった。

しかし、こんな台風の被害は初めてらしいけど、先にも書いたように常態化したら、どうしよう。



  


続きを読む


nice!(38)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感